Case study
メルセデス・ベンツ Sクラス メッキモールを磨いてモールプロテクション施工
2021/2/14 

横浜近郊・東京からのアクセスも抜群の

カーケア・コンシェルジュ 4C Detail フォーシーディテイル です。

メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェなどの欧州車オーナー様の

悩みの種である窓枠のメッキモール(アルミモール・トリムモール)の白濁化。


このような斑点模様や白くなってしまいお困りではありませんか?

欧州車のモールは、アルミモールをアルマイト塗装保護を行っているものがほとんどです。

メッキ処理よりも環境に良く、落ち着いた輝きがあり高級輸入車には適しております。

しかし、アジア圏の気候状態に材質が合わない事から

新車購入後早ければ半年くらいからこのような腐食が始まってしまいます。

従来はモールが綺麗な状態のうちにモール専用のコーティングを施工する事がほとんどでした。

しかし、どうでしょう?

・モールコーティングしたけど腐食してしまった。

・コーティングの塗り跡が気になる

このような思いをした方いらっしゃると思います。

またモールが白く腐食してしまったら、

ディーラーさんや我々のような施工店さんにモールを磨きを依頼したことがある方もいらっしゃると思います。

このような経験は御座いませんか?

・思ったより綺麗にならなかった。

・これ以上磨くと下地が出てしまう

・一度は綺麗になったけど、また腐食してしまった。

中には毎年施工料金を払いモール磨き施工をされている方もいらっしゃるでしょう。

弊社でご提案するのは「モールプロテクション」

こちらは綺麗な状態のモールの上から透明のプロテクションフィルムを施工する事により、

モールを長期に渡り白濁化(腐食)から保護する今現在最良の方法です。

モールプロテクションの耐久年数は5年。

勿論環境下により異なりますがフィルムがモールへのダメージを吸収してくれるため

フィルムが劣化したら張替も可能です。

モールプロテクションは透明のフィルムのため

一見施工しているかどうか分からない保護方法です。

モールに色付きのフィルムを施工するモールラッピングも良いですが

カスタム感を出したくない方や純正の美観を保ちたい方にオススメです。

こちらが先程の腐食してしまっていた

メルセデス・ベンツ Sクラスのモールを磨き

モールプロテクション施工を行ったものです。

いかがでしょうか?

とても綺麗ですよね。

この状態が長期に渡り維持する事が可能です。

近年はリースでご契約の方も多くいらっしゃると思います。

メーカーによってはモールの腐食がマイナス査定になると伺った事があります。

綺麗な状態の内にモールプロテクションを施工し、返却時にフィルムを剥がしてしまえば綺麗な状態のまま車両を返却・売却する事が可能です。

施工参考価格

メルセデス・ベンツ Sクラス(222)

モールプロテクション施工価格¥70,000+TAX

モール磨き料金¥30,000+TAX

一見モールプロテクションの施工金額が高いように思われがちですが、

モールを毎年磨いてもらうといくらでしょうか?

モールを新品に交換してもらうといくらでしょうか?

初期費用で多少費用はかかりますが、

ランニングコストで計算すると非常に経済的で長期に渡り綺麗なモールを維持する事が可能です。

モールプロテクション施工の施工実績 日本全国 NO,1

4C Detailフォーシー・ディテイルにお任せん下さい。