Case study
メルセデスベンツ CLS450 (C257) ボディガラスコーティング施工事例 横浜市旭区
2021/12/10 

SNS(インスタグラム)で当店を知って下さり、メルセデスベンツCLS450(C257)のボディガラスコーティングをご依頼下さいました。

メルセデスベンツ CLS450 ボディガラスコーティング 横浜

4ドアクーペの美しいボディラインが特徴のお車です。

来年の車検に合わせて今回ボディを磨いてリセットし、コーティング施工を行っていきます。

 

今回のご依頼内容

・ガラスコーティング「ナノクリスタル・プロ」(軽研磨)

 

それでは施工スタートです。

とても大事に乗られており綺麗な状態ですが、普段あまり掃除しない隙間などに汚れが溜まっております。

これらもクリーニングし状態を整えていきます。

メルセデスベンツ CLS450 隙間 汚れ

メルセデスベンツ CLS450 隙間 クリーニング

細かな部分は毛の柔らかいブラシを使用し、クリーナーで洗浄していきます。

メルセデスベンツ CLS450 細部 クリーニング

洗車で落ちない黒ずみもお任せ下さい。

クリーニング終わりましたら、シミの付着がある部分を酸性クリーナーを使用し分解除去していきます。

メルセデスベンツ CLS450 シミ除去

状態を確認しながら丁寧にシミを除去していきます。

メルセデスベンツ CLS450 鉄粉除去

シミの除去が完了しましたら今度は鉄粉除去です。

クレイパッドを使用し、ボディのザラザラの原因となっている鉄粉や異物を除去していきます。

メルセデスベンツ CLS450 研磨 磨き マスキング

除去が終わりましたらウィークポイントにマスキングを行いボディを磨いていきます。

既にクリーニングを終えたこの状態でも美しく見えますが、特殊照明下で塗装面を良く見ると実は違います。

メルセデスベンツ CLS450 傷 洗車傷

こちらがボンネットの状態です。

ライトの光がボディに写り込んでいますがボヤけています。

また白いすじのような傷も見えるかと思います。

メルセデスベンツ CLS450 研磨 磨き

当店ではこの塗装面の状態を整える事に力を入れているため、仕上がりに大きな差が出てきます。

1パネルづつ特殊照明をあて、状態を確認しながら磨いていきます。

メルセデスベンツ CLS450 ボディ 磨き 美しさ

どうでしょうか?

先程までボヤけていた塗装面ですが、ライトの映り込みもくっきりとし美しい状態となりました。

当店の施工はこのようにコーティング施工前にしっかりとした下地作りを行ってからコーティング施工を行っております。

メルセデスベンツ CLS450 ピラーモール 劣化

リヤ窓の縦ピラーも磨いていきます。

こちらはメルセデスの4ドアクーペではお決まりのウィークポイントです。

簡単そうに磨けそうで、磨けない箇所でもあります。

メルセデスベンツ CLS450 ピラーモール 下地処理

特殊ペーパーを使用し、劣化部分を研いでいきます。

メルセデスベンツ CLS450 ピラーモール 研磨

ペーパーでの下処理が終わりましたら、研磨力の強いシングルポリッシャーで磨いていきます。

メルセデスベンツ CLS450 ピラーモール 最終研磨

最後に調整用のミニポリッシャーで整え完成です。

メルセデスベンツ CLS450 ピラーモール 復活

美しいピラーが蘇りました。

磨きが終わりましたら洗車を行い、ここからコーティング施工に入ります。

メルセデスベンツ CLS450 ナノクリスタルプロ

超撥水性・透明感のある美しい艶感を与えることの出来る人気コーティング「Nano Crystal Pro」を施工していきます。最後に窓ガラスやホイール、室内を仕上げて完成です。

メルセデスベンツ CLS450 ガラスコーティング 横浜

メルセデスベンツ CLS450 ガラスコーティング 神奈川

メルセデスベンツ CLS450 ダイヤモンドホワイト ボディコーティング

メルセデスベンツ CLS450 ガラスコーティング 撥水

オーナー様からも「今まで他でコーティングしていたけど、全然仕上がりが違う!」とお喜びの声を頂戴する事が出来ました。

 

ご依頼誠に有難う御座いました。

お車買い替えの際のご相談も頂戴致しました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

4C Detail フォーシーディテイル

045-315-4880

info@4c-detail.com

神奈川県横浜市保土ヶ谷区保土ヶ谷町1-49